健康長寿とちぎ

健康づくりカレンダー

  • 予定あり

お知らせ・イベント情報

新型コロナウイルス感染症について

更新:2021/07/16(金) 10:10

新型コロナウイルス感染症の予防について

 新型コロナウイルスの感染経路は、「飛沫感染」と「接触感染」の2つが考えられています。感染を予防するためには、基本の「手洗い」と「咳エチケット」を徹底することが大切です。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみや咳で飛び散るしぶく、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込むことで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物(ドアノブ、蛇口など)に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

手洗い

 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や食事の前などには、こまめに、正しい手順で手洗いを行いましょう。

 

 

                                 (出典:厚生労働省) 

 ※アルコール消毒でなくても、石けんを使用したこまめな手洗いで十分に効果が得られます。

 

手洗い啓発動画[手洗いソング]

 感染症予防のためには、こまめな手洗いを心がけましょう。

 歌に乗せて、手洗い方法をご紹介します。

 

咳エチケット

 くしゃみが出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません。次のような「咳エチケット」を心がけましょう。

  • マスクを着用します。
  • ティッシュなどで鼻と口を覆います。
  • とっさの時は袖や上着の内側で覆います。
  • 周囲の人からなるべく離れます。

※咳やくしゃみといった症状がない人が予防目的でマスクを着用する効果は、あまり認められていません。過度の使用や必要以上のマスクの購入は控えましょう。

3つの「密」を避けて外出しましょう

 以下の3つの条件がそろう場所は、患者のクラスター(集団)発生のリスクが高いと考えられています。

 外出するときは、こうした場所を避けるようにしましょう。


                                                                                  (出典:厚生労働省) 

家庭内で新型コロナウイルス感染症が疑われる方がいる場合の注意点

 ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合には、同居されているご家族は以下の8点にご注意ください。

 (1)部屋を分けましょう

 (2)感染が疑われる家族のお世話はできるだけ限られた方で行いましょう

 (3)マスクをつけましょう

 (4)こまめに手を洗いましょう

 (5)換気をしましょう

 (6)手で触れる共有部分を消毒しましょう

 (7)汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

 (8)ゴミは密閉して捨てましょう

 具体的には、厚生労働省作成のリーフレット(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

その他の対策

新型コロナウイルス感染症

 新型コロナウイルス感染症は、現在国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しています。

 一部地域には小規模患者クラスター※が把握されていることから、集団発生を防ぎ感染の拡大を抑制すべき時期に入っているとされています。
  ※ 小規模患者クラスター・・・感染経路が追えている数人から数十人規模の患者の集団のこと

 

 感染拡大抑制のため、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください

 新型コロナウイルス感染症に対しては、風邪やインフルエンザと同様、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

 

感染症予防の啓発資材

 感染症予防のため以下のリーフレット類を作成しましたので、ダウンロードして御活用ください。 

新型コロナウイルス感染症対策全般に関するもの

  

 新型コロナ等の感染症対策!~3つの柱~

 

  

   NEW!!密を避けて外出しましょう!

 

   

   新型コロナウイルスの感染を予防しよう!!

 

 

   

   感染症対策へのご協力をお願いします

手洗いに関するもの

   

   !手洗い リーフレット

咳エチケットに関するもの

   

   !咳エチケット リーフレット

その他

   

   マスクについてのお願い

日本語以外の表記があるもの

   

   咳やくしゃみが出るときはマスクを着けてください(日・中・英)

 

   

   感染症予防のためにこまめな手洗いと咳エチケットを心がけましょう。(日・中・英)

トップページに戻る